SEO対策の中で、googleに適した手法を紹介します!

SEO System.com

Google検索エンジン対策と上位表示方法

Googleで上位表示するにはGoogleに好かれるウェブサイトを作るのがのが一番です。

ユーザーが探している情報を提供する

サイト内、特にホームで質の高いコンテンツを提供することが、とても重要です。サイトを訪れたユーザーにとっていいな情報が含まれていれば、サイトの人気が上昇して他のサイトからリンクされるようになります。情報に富んだサイトを作成するには、それぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述しておきます。ページを検索するときにユーザーがどのような言葉を入力するかを考慮して、その言葉をサイトで適切に使用します。

他のサイトからリンクが貼られるようにする

他のサイトからリンクが貼られていると、クローラがサイトを見つける確立が高くなり、Google の検索結果で表示される可能性が高くなるのです。 Google では、検索結果の表示で、ページの重要度を示す独自の指標 PageRank と高度なテキスト マッチ技術を組み合わせてしようされており、それぞれの検索に重要かつ関連性のあるページを表示しています。 PageRank 評価の一環として、ページ A からページ B へのリンクをページ A からページ B への票として解釈して、1 つのページが獲得した票数を計算しています。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価され、それを受け取ったページを重要なサイトとして判断します。

サイトを簡単にアクセスできるようにする

サイトを論理的なリンク構成で作ります。 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにしておきます。

Lynx などのテキスト ブラウザでサイトを確認します。 Lynx で表示できるサイトであれば、ほとんどのスパイダーで検出できます。 JavaScript、cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Macromedia Flash などの機能が使われていると、テキスト ブラウザではサイト全体が表示されません。この場合、スパイダーによるクロールが困難になる可能性があります。

動的なページがある場合は出来るだけ静的なバージョンも作っておきましょう。 Google のインデックスには動的なページも登録されますが、動的なページは Google インデックスのほんの一部なのです。URL に疑問符を含むページなど、動的に生成されるページによりクローラの問題が発生していると考えられる場合は、これらのページの静的なコピーも作る事もお勧めします。静的なコピーを作成した場合、robots.txt ファイルに動的なページを忘れずに追加するようにしましょう。追加されていないと、重複したページとして扱われてしいます。

避けたほうがいいこと

ページにキーワードを一覧で表示したり、クローキングを行ったり、「クローラ用」のページを作るのはやめましょう。ユーザー向けではないページ、リンク、テキストがサイトに含まれている場合、Google ではそれらを不正と判断し、サイトを登録しないことあるのです。

不正な検索エンジン最適化サービスを購入しないでください。 Google の検索結果の上位にサイトを掲載することを「保証」すると宣伝しているサービスがあるのですが、その中には、サイトのフローとコンテンツを改善するアドバイスを提供している合法的なコンサルティングがある一方で、検索エンジンにとって不正な方法を使用している場合があります。ドメインに不正なサービスが関係している場合は、Google のインデックスから除外されてしまう可能性もあります。

重要な名前、コンテンツ、リンクの表示に画像のしようはやめましょう。Google のクローラでは、画像に含まれるテキストを認識することはできませんのでページの主要なコンテンツとキーワードを通常の HTML 形式で記述できない場合は、ALT 属性を使用しましょう。

同じページのコピーを複数作成して別のURLで公開しないようにしましょう。画像の多いページに対して同じコンテンツのテキストのみのバージョンと印刷用のバージョンを用意されていることもあります。ページが検索結果に掲載されるようにするには、スパイダーが重複ページと認識することのないように、robots.txt ファイルに URL を設定しましょう。

※上記はgoogleが公表しているものです。

キーワードの接近度について

Google上位表示対策Googleでは、検索順位の位置付けにキーワードの接近度を見ています。
以下Googleより抜粋

Googleはページ内での各キーワードの位置も重視します。
Googleの結果は、ユーザーが指定したすべてのキーワードを含むだけではなく、そのページ内でそれらのキーワード間の近接度も分析しています。
他の多くのサーチ エンジンとは異なり、Google ではキーワードの近接度に従って検索結果の順位付けを行います。
キーワードが近くに一緒にまとまっている検索結果ほど優先されるので、関係のない結果を排除する手間を省くことができます。

上記の様にせっかくGoogleが検索順位を上げるヒントを書いているのでbodyタグ内でキーワードを接近させます。

しかし、[キーワード キーワード キーワード キーワード]これはダメです。

まず第一に訪問者が見てどう思うでしょうか?・・・ですよね。

それにスパム判定される可能性もありますので、なるべく自然な文章の中でキーワードを接近させましょう。

例 [SEO対策]と言うメインキーワードを含んだ文章を書きます。

SEO対策(検索エンジン最適化)の無料情報サイト 検索エンジン上位表示方法や静的サーチエンジン・無料SEO対策情報と無料ホームページ診断・独自のSEO対策サービスを展開しています。

SEO対策の関連検索にも強くなる為に、検索エンジンや無料・方法・情報といったキーワードも近くに配置してます。

この様な方法でメインキーワード+サブキーワードをかく文章の中で接近させる事で関連検索での上位表示を可能になります。

アンカーリンク

アンカーリンクとは、テキスト文章にハイパーリンクを付けて自サイト内や他のウェブサイトからリンクを得る事をいいます。SEO対策と言う文章がアンカーリンクとなります。

自分のサイト内で出来るアンカーリンクとして、各ページからTOPページに戻る際のリンクなのです。上位表示をしたいキーワードでリンクしてあげる事で、サイト内からのアンカーリンク効果が見込めます。外部サイトからリンクしてもらう場合も同様なのです。

相互リンクしてもらう場合のリンクを、リンクについてのページを作成して指定しておきましょう。アンカーリンクは同一の物を過剰に増やすとペナルティーを受けてしまうのです。同じアンカーリンクだけでリンクをすると、どうしても自然なリンクとは考え難くなってしまうのです。アンカーリンクを複数作っておきましょう。

テキストリンクの最も効果的な方法は、自然文リンクになるのです。自然文リンクは文章のつながりの中で自然にリンクを挿入する方法で、よくブログなんかでみなさんが自然に行なっているリンク方法になります。

相互リンクのテクニックとしても、人工的に作ったリンクをいかに自然なリンクに見せるかと言う点で有効な手法なのです。

コピーライト