SEO対策を行う必要とその効果について

SEO System.com

SEO対策の必要性

インターネットにおける集客を考える際に、検索エンジンは無視できない存在になってきています。
SEO 対策(検索エンジン対策)が注目されるようになった背景には、以下のような調査結果に基づくデータが存在します。

SEO 検索エンジン最適化の理論的正当性

インターネットで情報収集することは日常化しており、ユーザーの80%は検索エンジンを利用し、情報を探しています。
そして、検索エンジンユーザーの70%は、検索エンジンの検索結果の2ページ目(上位20位)以内までしか見ていない、という調査結果がでてきています。つまり、検索結果の2ページ目(上位20位)以内に表示されなければ、Webサイトはまず見てもらえないということになるのです。
クリックされる確率もキーワード広告と比べ、通常の検索結果の方が断然高いのです。

上記の調査結果から、検索結果の2ページ目(上位20位)以内に表示されないWebサイトは見てもらえない、ということがわかります。
さらに、検索結果の2ページまでのトラフィック(各Webサイトへのアクセス数)は、3ページ目以降の全てのトラフィックの合計よりも多いというデータもあるのです。言い換えれば、検索結果の2ページ目までに表示されないWebサイトは存在していないのと同じことだといっても過言ではありません。
企業Webサイトは、個人の趣味のホームページではありませんので、集客は至上命題です。そこで、検索結果の2ページ目以内に自社のWebサイトを表示させることが重要課題になります。

SEO 検索エンジン対策と、Googleの重要性

Googleは国内の検索エンジンの80%で利用されています。Google(グーグル)は、2001年以降日本でも急速に普及したロボット型検索エンジンなのです。国内の検索エンジンでは、80%以上の割合で Google(グーグル)のデータ(検索結果)を利用しています。直接Googleを使用したことがなくても、Googleのデータは見ているわけなのです。いいかえれば、自社のWebサイトがGoogleの検索結果で上位に表示されれば、infoseek、goo、excite、ODN、@nifty、AOL、OCN、BIGLOBE、So-net、hi-ho、Netscapeなどの検索エンジンでも上位に表示されるということになります。

SEO 検索エンジン対策の要は,Google上位表示なのです。現在もそして今後も Google対策抜きにして、検索エンジン経由のアクセス確保はありえないのが現実になるのです。したがって、Google対策(Google上位表示)が SEO 対策の要になるのです。

SEO対策の基本

ここを読んでいるという事は、皆さんは自分でSEO対策を行なおうと考えている方が殆どではないでしょうか?ところでSEO対策は何に対して行なえばいいのでしょうか?

SEO対策はロボット型検索エンジンに対して行なっていきます。

そこでSEO対策を行うにあたり、最低限知らなければならない事があります。それはHTMLの知識です。HTMLと聞いて、引いた人もいるかもしれませんが、知っておかなければならない部分はほんの少しです。そちらも合わせて説明しながら進めていきます。

現在SEO対策を行なおうとしているという事は、みなさんはホームページをお持ちだと思います。このホームページってどうやって作成しましたか?

いろいろなパターンがあるかと思いますが、代表的なもだと、直接HTML言語を使って書かれた人もいるでしょう、Dreamweaverやホームページビルダーなどの作成ソフトを使っている方もいると思います。又はWordで作った!と言う人もいるかと思います。

どとらにしても、書いてある中身はHTMLなのです。

HTMLで直接書かれている方は、HTMLを理解していると思いますが、殆ど、ホームページ作成ソフトなどを利用して書いている場合が多いと思います。その方は自信のホームページを、現在使用しているのホームページ作成ソフトで立ち上げて見て下さい。
立ち上げると、ホームページを「ソースコード」で表示することができますのでで、「ソースコード」又は「コード」などを選択してソースコードを表示してみてください。
このような画面があると思います。

コピーライト