SEO対策の中でも検索エンジンを欺く手法を“SEOスパム”といいます

SEO System.com

SEOスパムとは・・・

SEOを使用して検索エンジンを騙すテクニックは色々あります。しかし、すべての検索エンジンは、SEOスパムの排除に力をいれていいるので、現在は通用しても、いつスパムとばれてしまい、検索結果から除外されるかは時間の問題になってきます。
SEO対策をする場合は、スパムに注意しなければならないのです。

SEO クローキング

クローキングとは、検索エンジンのスパイダーと訪問者に別々のページを見せるテクニックの事をいいます。

人が訪れた場合は、見た目の良いフラッシュや画像を多用した綺麗なページを表示させます。スパイダーが訪れた場合は、テキスト主体のSEOに最適化されたページを見せ、読み込ませる。見た目には、なんでこんなページが上位表示されているのか?と言うページはクローキングによるSEOスパムが怪しいといえるでしょう。

どうやってスパイダーか人かを判断しているのかと言うと、IPアドレスやUser-Agent(ブラウザの情報)などで判断されています。検索エンジン毎にパイダーのIPがあるので、各検索エンジン事に最適化されたページを見せる事も可能になります。

隠し文字

背景色とテキスト文字を同色にして、人の目に見えないキーワードを埋め込むSEOテクニックの事をいいます。
人の目に見えなくても、検索エンジンはテキスト文字を読み込んでいくのです。これを悪用しキーワードを羅列する、明らかにスパム行為と判断されてしまいます。
同じ色でなければいいか?と言うと近似色でもスパムになってしまいます。人の目で判断出来ない様な色ではダメと言う事なのです。

見えない文字

フォントタグやCSSでテキスト文字の大きさを、人の目では何が書かれているのか分からないほど小さくして、ぱっとみは、線や模様の様に見える文字の事です。キーワードを羅列 これも、あきらからスパム行為になります。

<noframe>タグ

<noframe>タグを使用して見えないキーワードを詰め込む行為をいいます。これも見た目はではなにも表示されません、フレームを使用していないページに<noframe>があるとスパムになります。
<noframe>は本来フレームを使用したウェブサイトに、フレーム表示非対応のブラウザでアクセスしてきた場合の為の文字を入れるタグの事をいいます。フレーム対応のブラウザ(ほとんどそうです)では、<noframe>タグ内のテキストは見えません。しかし、検索エンジンはしっかり読み込んでますので、ここにキーワードを入れるスパムになってしまうのです。

<noscript>

<noscript>タグを使って見えないキーワードを埋め込むSEOスパム上の<noframe>タグと原理は同様です。ウェブページにJavaScriptを使用していないにも関わらず<noscript>タグを使用するとスパム判定されてしまいます。
JavaScriptを使用しているウェブページなら問題はありません。無料のアクセス解析やアクセスランキングをレンタルしているウェブサイトのほとんどが使用しています。<noscript>タグ内にアンカーテキストリンクがほとんどと言うか100%含まれているのです。
上記の<noframe>同様にJavaScriptを使用しているページに使用する事はなんの問題はありません。

CSSのスパム

CSSでテキスト文字を画面外に表示させるテクニックです。これも人の目に見えない、SEOの為だけのキーワードテキストなので、スパム判定されてしまう事もあるでしょう。

metaタグスパム

メタタグを使ったSEOスパム、

<meta name="description" content="サイトの説明文章" />
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード,キーワード" />
<meta name="description" content="サイトの説明文章" />
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード,キーワード" />

同じメタタグを繰り返し使用する事。 大量のキーワードを入れる事。

<body>タグ内に一度も出現しないキーワードやページの内容とまったく関係の無いキーワードを入れる事です。

コピーライト